www.s-coop.net

トップ知(Research Results)
「エレメンタッチ」グッズコレクション
従来の周期表を一旦解体し、新たな視点でつくられた立体周期表「エレメンタッチ」

現在広く使われている周期表は1869年にメンデレーフによって考案された短周期表から出発し、1905年にヴェルナーらによって改良されたといわれる長周期表です。今からおよそ100年前に考案された完成度の高い周期表ですが、まだ完璧なものとは言えませんでした。

このエレメンタッチは、超伝導の研究が専門の物理学者、本学の前野悦輝教授(国際融合創造センター・大学院理学研究科)が考案し、その問題点をいくつか解消することに成功しました。
 
【A17】エレメンタッチ・マグカップ
SIZE:直径約80×H90mm
◆エレメンタッチモチーフを毎日使えるマグカップにしました。
1,080


 数量
   
※数量は半角数値で入力して下さい。


Copyright (C) Kyoto-Univ CO-OP. All Rights Reserved. (Powered by 大学生協京都事業連合)